Chの 2 マーク

マーク 2

2:1 そして、いくつかの日後, 彼は再びカペナウムに入力されました.
2:2 そして、それは彼が家にいたことを聞きました。. そして非常に多くの余地が残っていないがあったことを集め, いなくてもドアで. そして、彼は彼らに言葉を話しました.
2:3 そして、彼らは彼に来ました, 麻痺をもたらします, 4人の男性によって運ばれていた人.
2:4 そして、彼らは群衆のための彼に彼を提示することができませんでしたとき, 彼らは彼が屋根を発見しました. それを開けます, 彼らは麻痺が嘘をついてされたストレッチャーを下げ.
2:5 そして、, イエスは彼らの信仰を見ていたとき, 彼は麻痺に言いました, 「息子, あなたの罪はあなたを赦されています。」
2:6 しかし、律法学者の中には、その場所に座って、自分の心の中で考えていました:
2:7 「なぜ、この男は、このように話しています? 彼が冒涜されます. 誰が罪を赦すことができます, 神だけで?"
2:8 一度に, イエス, 彼らは自分自身の中にこれを考えていたという彼の心の中で実現, 彼らに言いました: 「なぜあなたはあなたの心にこれらの事を考えています?
2:9 どちらが簡単です, 麻痺に言って, 「あなたの罪はあなたを赦され,'または言うこと, 「立ち上がります, あなたの担架を取ります, 歩きます?「
2:10 しかし、あなたは人の子が罪を赦すために、地球上の権限を有していることを知ることができるように,「彼は麻痺に言いました:
2:11 "私はあなたに言います: 立ち上がります, あなたの担架を取ります, あなたの家に行きます。」
2:12 そして、すぐに彼は起き上がっ, 彼の担架を持ち上げます, 彼はそれらのすべての目の前に去っていきました, 彼らはすべての疑問に思ったように、. そして、彼らは神に名誉を与えました, 言って, 「我々は、このようなものを見たことがありません。」
2:13 そして彼は海に再び出発しました. そして、全体の群衆が彼に来ました, そして彼はそれらを教えました.
2:14 そして、彼は渡したとして、, カットはアルパヨのレビを見ました, 税関に座っ. そして彼は彼に言いました, 「私に従ってください。」と立ち上がります, 彼は彼に続い.
2:15 そして、それは起こったこと, 彼は彼の家のテーブルに座って, 多くの税コレクターや罪人は、イエスと弟子たちと一緒にテーブルに座っ. 続く人のために、彼は多くのでした.
2:16 書士とパリサイ人と, 彼は徴税と罪人で食べたことを見て, 弟子たちに言いました, 「なぜ、あなたの先生は徴税や罪人と一緒に食べると飲むん?"
2:17 イエス, これを聞きました, 彼らに言いました: 「健康は医者の必要がありません, しかし、病気を持っている人が行います. 以下のために私はちょうどを呼び出すことではない来ました, しかし、罪人。」
2:18 そして、ヨハネの弟子たち, そして、パリサイ人, 断食しました。. そして、彼らが到着して、彼に言いました, 「なぜ速いジョンのとパリサイ人の弟子を行います, しかし、あなたの弟子たちは速くありません?"
2:19 そして、イエスは彼らに言われました: 「どのように新郎は彼らとまだ高速ながら、結婚式の息子? どのような時間の間に、彼らは彼らと新郎を持っています, 彼らは速くすることができません.
2:20 しかし、日が新郎は彼らから離れて撮影されたときに到着します, そして、彼らは速くなければなりません, 当時.
2:21 誰も古い衣服に新しい布のパッチを縫うません. それ以外の場合, 新しい追加は、古いから引き離さ, そして、涙が悪くなります.
2:22 そして誰も古い皮袋に新しいワインを入れません. それ以外の場合, ワインは皮袋を破裂されます, そしてワインは注ぎます, そして皮袋が失われます. 代わりに、, 新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れなければなりません。」
2:23 そして再び, 主は安息日に熟した穀物を歩いた間, 弟子たち, 彼らは高度なとして, 穀物の穂を分離し始めました.
2:24 しかし、パリサイ人たちは彼に言いました, 「見よ, なぜ彼らは安息日に合法的ではないものをやっています?"
2:25 そして、彼は彼らに言いました: 「あなたはダビデが何をしたか読んだことがないことがあります, 彼が必要と空腹だった時, 彼と彼と一緒にいた人たちの両方?
2:26 どのように彼は神の家に入りました, 大祭司アビヤタル下, プレゼンスのパンを食べました, それは食べるために合法的ではなかったました, 司祭を除きます, そして、どのように彼は彼と一緒にいた人たちにそれを与えました?"
2:27 そして、彼は彼らに言いました: 「安息日は人のために作られました, 安息日のためではなく、男.
2:28 など, 人の子が主です, でも、安息日の。」